効果的

乳酸菌で腸内環境を快適

乳酸菌の効果は大きく2種類挙げられます。
第一の効果は、体内の善玉菌の働きを活性化してくれることです。
腸まで辿りついた乳酸菌は、腸内の悪玉菌の増加を抑え、善玉菌の働きを助けます。
悪玉菌とは体に悪い作用を持つ菌、善玉菌は体に良い作用を持つ菌ですが、乳酸菌は体内の悪玉菌の増殖を防ぐ有機酸を作ります。
有機酸によって腸内のタンパク質の腐敗を防ぎ、便やおならのにおいの原因であるアンモニア等の有毒ガスが腸内にたまらないようにしてくれます。
また、この有毒ガスの分解により、便秘の解消にも効果的http://www.utahgardenchallenge.com/tyounaikannkyou.htmlです。

第二の効果は、体内のコレステロールと結びつき、排泄の際に一緒に体外に出してくれることです。
乳酸菌は最大3日程度の非常に短い期間しか体内にいることができません。
その短期間に、腸内のコレステロールとくっついて、他の食べ物の残りと共に便に姿を変えます。
その後、乳酸菌が便として体外に排泄される時、くっついたコレステロールも一緒に持っていってくれます。
これらの効果の他、花粉症や食中毒の予防、アトピー性皮膚炎の発症率低下、免疫力向上にも役立つ菌の種類もあります。
▼アトピー性皮膚炎の発症率低下に良い乳酸菌はこちら
http://www.yournameinpictures.com/atopi.html
▼感染症予防や免疫力向上に効果的な乳酸菌についてはこちら
http://www.koozba.com/purazuma.html

これらの効果を持つ乳酸菌ですが、体内に定着しづらい菌であるため、毎日摂取し続けなければ、これらの効果を得ることは難しいです。
少量でもいいので毎日乳酸菌を摂取http://www.serseliafam.com/maninitii.htmlするようにしましょう。
乳酸菌を手軽に摂るにはサプリメントがおすすめですよ。

このページの先頭へ