効果的

乳酸菌とビフィズス菌の相違点

体内の体に良い細菌を善玉菌と総称しており、その代表例が乳酸菌やビフィズス菌です。
その乳酸菌とビフィズス菌は、本等では同じものとして扱われていることもありますが、その働きによって違う分類になっています。

乳酸菌、ビフィズス菌http://www.dotnetoutsource.com/bihuxizukinn.htmlはどちらも菌属の総称ですが、これら2つには大きく以下のような特徴があります。
乳酸菌は小腸を中心に体内のいたるところ生息し、乳酸を作ります。
一方、ビフィズス菌は大腸に生息し、乳酸以外にも酢酸、ビタミンB群、葉酸を作ります。
また、善玉菌の体内に生息する割合はビフィズス菌が99%以上であり、乳酸菌は実は多くありません。

体内にいるビフィズス菌は、生まれた時からずっと大腸内に生息し、悪玉菌を減らして腸内環境を整えてくれます。
その結果、下痢や便秘を防ぎ、免疫力http://www.nyustartupweek.com/yobou.htmlを高めます。
また、ずっと腸内にいるため、毎日補うという必要はありません。
年齢の増加によって体内のビフィズス菌は減少してしまいますが、この進行を遅くするために乳酸菌が必要です。
乳酸菌は、ビフィズス菌が生息しやすい環境を作ります。
しかし、乳酸菌は腸内に居ついている菌ではないので、毎日継続して摂取しないと、正常な働きはもたらされないことがわかっています。
乳酸菌を毎日おいしく摂る方法がこちらに載っていますので、併せてご覧ください。

このページの先頭へ