効果的

乳酸菌と食品とレシピの関係

乳酸菌は腸の働きを整えます。
乳酸菌が体内に入ることによって、他の善玉菌の働きを活性化させ、悪玉菌を吸収して体外に排出されます。
その結果、便秘や下痢を解消したり、肌荒れを治したりします。

しかし、乳酸菌の摂取については多少の問題があります。
例えば、乳酸菌は体内に残りづらいということが挙げられます。
乳酸菌は腸内にはあまり長い時間は残りません。
最大で3日間しか残らないので、毎日摂ることが必要です。
また、腸まで到達できる菌はほとんどありません。
胃を通る際に、胃酸によって殺されてしまう乳酸菌http://www.opaque-events.com/jyakutenn.htmlが非常に多いためです。

これらの事情を考えると、菌を効果的に摂取できる食べ物をより多く摂って、効率よく体内環境を整えたいものです。
では、効率的に乳酸菌を得られる食べ物http://www.magnumarchive.com/haxtukousyokuhinn.htmlにはどのようなものがあるでしょうか。
代表例はヨーグルトや乳酸菌飲料の類が挙げられます。
これらの飲料(及び食べ物)は、空腹時の胃にあまり刺激を与えずに胃まで菌を運ぶことができます。
その結果、より多くの乳酸菌を腸に届けることが可能です。
とはいっても、ただのヨーグルトをそのまま食べたり飲んだりするのは大変なものです。
そこで、バナナ等の果物と一緒に摂取したり、乳酸菌のレシピhttp://www.sagami-magic.jp/eiyoutaxtupuri.htmlなどを参考にして、より食べやすくしてあげると菌の摂取も苦がなくなるでしょう。

このページの先頭へ